2012年1月アーカイブ

PAACニュース123号:外傷性の内頸動脈断裂の既往歴のある患者に対する頸椎マニュピレーション:症例報告と再発性の動脈断裂に関する文献の再見

概観

目的:外傷性の内頸動脈断裂の既往歴のある患者の治療における回転性の頸椎マニュピレーションの適用について詳述すること、そして再発性の頸椎の動脈断裂に関する文献を再見すること。

臨床的な特徴:交通事故の結果として頸動脈の断裂が生じ、そのために不全片麻痺のある21歳の情勢患者に頸部痛と頭痛がみられた。動触診に対する関節の制限の他に、軽度の頸部の可動性制限がみられた。

処置とその結果:軟部組織の治療から1年後、我々は詳細を入手し、頸椎に対するディヴァーシファイド・マニュピレーションを試みるために、患者にインフォームド・コンセントを行った。この患者は、即座に大きな改善を述べ、軟部組織の治療だけで得られたよりも長期間に亘って痛みから解放されたと言った。

結論:以前に頸椎の動脈断裂を経験した患者には関連的な頸部痛や頭痛がみられるかもしれないし、治療が必要となる。今回のケースでは、完璧なインフォームド・コンセントが行われたし、頸部へのマニュピレーションによって、これらの症状は解消したのだろう。再発性の動脈断裂に関する症例報告を再見することで、外傷は2回目の動脈断裂における重要な因子ではないということが判った。今回の患者で得られた結果を、頸椎の動脈断裂の既往歴のある他の全ての患者の推論に用いるのは慎重でなければならない。

鍵となる言葉:マニュピレーション、頸動脈、合併症、動脈断裂;頸椎の動脈断裂;椎骨動脈





| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。