2013年6月アーカイブ

PAACニュース134号:脂肪芽細胞腫症による下肢の変形

概観

目的:脂肪芽細胞腫症は新生児や小児の稀な疾患で、成人には存在しない。今回は、脂肪芽細胞腫症が骨盤や下肢を広く障害している新生児のケースについて議論する。また本症の臨床上、放射線学上の特徴も議論する。

臨床上の特徴:生後2ヶ月の男児には骨盤と下肢の広範な変形があり、この状態は生後から進行していた。

治療と結果:脂肪芽細胞腫症は、初期には外科的に脂肪腫様の新生物組織を摘出するという治療を行う。術後の結果は満足すべきものだが、再発し易さが報告されたことがある。

結論:我々は、新生児や小児を侵す稀な疾患である脂肪芽細胞腫症の特徴を提示する。本症の臨床上、放射線学上の徴候を核磁気共鳴画像に重点を置いて評価する。(以下省略)





| コメント(0) | トラックバック(0)

PAACニュース134号:ブロックによる刺激テストに関する予備的研究:腹臥位のブロッキングによって指向性反応は生じるのか?

概観

背景:一般に、脊柱リスティングを決定して、腰痛(low back pain:LBP)患者のための治療選択に関して実証された手引きを提供するようなカイロプラクティックの検査法は今までのところ無い。あるリスティングを正確かつ確実に確認することの困難さを排除できるような検査を開発することで、マニュピレーションのベクトルに関する手引きが更に得られるので、臨床医と患者にとって非常に価値あるものとなりうるだろう。

目的:ブロックを用いた刺激テストと指向性反応の判定に関して考えられる2つの規約を明らかにする。

方法:被検者を腹臥位にして、ブロックを様々に配置して、20人の被検者から成る2つのグループを検査した。第1のグループでは、圧痛の閾値を4つの解剖学的部位で測定した。第2のグループでは、1つの解剖学的部位で圧痛を計測した。どちらの方法が指向性反応を実証できるのかを検証した。

結果:1部位で圧痛を計測した時には、70%の被検者に方向性を持った反応がみられたが、本法の最後には、1人の被検者にのみ基準線の圧痛における増悪がみられた。圧痛の閾値を4部位で計測した時には、40%の被検者に方向性を持った反応がみられたが、本法の最後には、12人の被検者に圧痛閾値の低下がみられた。

結論:様々に配置したブロックに対して、1部位での変化の計測は、指向性反応を決定する検査法として見込みがあるようである。(以下省略)





| コメント(0) | トラックバック(0)

父の日

omuraisu-01.jpg

昨日の父の日に三女と四女が作ってくれたオムライスです。

テレビで紹介されていたものを参考にしたようです。

これと刺身がいつもより若干豪華だったという事で、無事に父の日は終了しました(笑)





| コメント(0) | トラックバック(0)

PAACニュース134号:リウマチの手関節の臨床的、放射線学的な徴候。包括的な再検討

摘要

目的:この総論の内容は、毎日の治療で見られるようなリウマチの手関節の一般的な臨床上、放射線学上の徴候を提示するというものである。核磁気共鳴画像(MRI)の重要性や本症の診断や治療の徹底における現在の、そして将来にわたるMRIの役割とともに、リウマチの手関節の画像について議論する。

情報源:1990年から現在までの最近の医学文献を、PubMed を使って制限なしで調査した。使用した検索言語には以下のものがある。MRI、リウマチ様関節炎、手関節、診断、放射線学、臨床上の徴候、発生率。

研究上の選択:歴史的な重要性、発表日、適切な再調査の情報によって、今回の調査に関連した文献を選択した。もっと明確に言うと、これらの文献は、リウマチの手関節の最近の画像化について研究しているものだった。

情報の統合:今回の再検討では、リウマチの手関節のMRIによる評価がその初期進行段階では有効であるという全体的な合意を、数多くの研究の中で実証した。手関節のこの検査の特徴の多くについては議論され、単純レントゲン像検査に対して明暗を有している。

結果:手関節のリウマチ様関節炎の追跡調査の他に、補完的ケアを含む診断や治療に携わるドクターの役割については疑問の余地は無い。診断手段としての単純レントゲン像の役割は優れたものがある。リウマチ様関節炎のMRIの現在の、そして将来の役割が明らかになってきていて、近い将来において、診断画像の最適な手段となるだろう。

結論:リウマチ性障害に関しては、MRIは、単純レントゲン像よりも特別な情報を与えてくれる。造影剤を静注すれば、これは特に真実である。身体検査、臨床検査、レントゲン像、そしてMRI撮影をドクターが行うことで、手関節のリウマチ様関節炎の早期診断と治療、追跡調査に必要なものが得られるだろう。(以下省略)

 

 

 





| コメント(0) | トラックバック(0)

久々の花であります。

hanataba-01.jpg

思わぬ戴きものです。

最初は元気が無かったのですが、水切りを行ったら元気になってくれました。

それにしても、センスは良いが性格が・・・の花屋さんの廃業が惜しまれます。





| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。