PAACニュース167号:筋筋膜系起因の慢性的な肩痛:虚血性圧迫療法を用いた無作為臨床試験

概観
目的:今回の臨床試験の目的は、慢性的な肩痛患者の肩のトリガー・ポイントに対する虚血性圧迫を用いた15の筋筋膜療法の効果を評価する事である。
方法:41人の患者は、15回の実験的な治療を受けたが、それらは、棘上筋、三角筋、二頭筋腱のトリガー・ポイントへの虚血性圧迫から成るものだった。18人の患者は、対照治療を受けたが、これは、頭部や上部胸椎領域のトリガー・ポイントへの15回の虚血性圧迫であった。対照群を形成していた18人中の16人は、初回の対照治療を受けた後に15回の実験的な治療を受け続けた。結果判定には、肩痛と機能障害を測定するのに有効な13の質問から成る質問表が含まれていた。患者が感じた改善を評価するためには、0~100%の尺度の第2の質問表を用いた。結果判定の評価は、15回の治療後の基準時、最後の治療から30日後に両方のグループで完了したが、実験群だけは6ヶ月後にも行った。
結果:最初の15回の治療後に、有意なグループ✕時間間隔の相互作用が観察された。これは、実験群では、対照群と比較すると、肩痛と身体障害指数(Shoulder Pain and Disability Index:SPADI)の点数に大きな減少が見られたという事を示唆していた(62% vs 18%の改善)。更に15回の治療後に患者が感じた改善も実験群の方が高かった(75% vs 29%)。最終的には、対照群の被験者については、実験群の被験者については、実験群の治療へと移った後に、彼のSPADIの点数が大きく減少した(55%)。
結論:今回の研究の結果から、肩のトリガー・ポイントへの供血性圧迫を用いた筋筋膜療法によって、慢性的な肩痛患者の症状が減少するだろうという事が示された。
検索キーワード:肩痛;筋筋膜症候群;筋骨格系マニピュレーション;カイロプラクティック

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.chiropractic-laboratory.com/mt-tb.cgi/240

コメントする

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、栗原カイロプラクティック研究所が2018年5月 5日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PAACニュース167号:筋筋膜系起因の慢性的な肩痛:虚血性圧迫療法を用いた無作為臨床試験」です。

次のブログ記事は「PAACニュース167号:環椎の形態学的左右非対称と臨床上の意義」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。